Pairs(ペアーズ)の体験談

このページでは、管理人のPairs体験談を書きたいと思います。

 

僕がPairsに入会したのは2013年8月4日(日)です。
今の彼女と付き合うことになったのは8月25日(日)なので、
Pairs入会から3週間で彼女ができたことになります。

 

僕は、当時29歳サラリーマン。
相手(彼女)は、当時23歳の新社会人でした。

 

Pairsのコミュニティ機能で見つけた「海外ドラマ」好きな彼女

 

実は、僕はPairsを使う前までは、他の婚活サイトや恋活アプリを使っていました。

 

でも、他の婚活サイトだと「外見がタイプ」な人と出会えても、
趣味が合わなかったりして空振りすることが多かった
んです。

 

例えば、
僕はあまりミュージカルやアニメ・コスプレにそれほど興味がないのですが、

 

ミュージカル好きな女性やアニメ・コスプレ好きな女性に頑張ってメールして、
デートにこぎ着けても、お互いの興味が合ってないので、
イマイチ話題が盛り上がらず
、って感じでした。

 

他の婚活サイトも使ってたので、こうして比較もできるのですが、
他の婚活サイトだと、自分と同じ趣味の人を探そうと思ったら、
1人1人異性会員のプロフィールをチェックしていく必要があります。

 

数百人、大都市だと数千人も異性会員がいる婚活サイトが多い中で、
自分の趣味と合う人と出会うには、なかなか大変です。

 

その点、Pairsは、コミュニティ機能があるので、
自分と趣味が同じ人を探すのが楽
なんです(*^^*)

 

(まぁ、コミュニティ機能だと、「地域や年齢が絞れない」
という弱点もあるんですけどね)。

 

僕は海外ドラマを観ることが趣味なので、
今の彼女のことは、「海外ドラマ」というコミュニティで探して見つけました。

 

マッチングはできたけど、メールを始めるまでに時間がかかる

 

「海外ドラマ」のコミュニティに参加している女性達のプロフィールの中から
何となく「良いな」と感じた人のプロフィールをクリックして、
詳しく相手(彼女)の自己紹介文を読むと、好感を持ったので、
「いいね!」を送ってみました。

 

すると、
相手(彼女)もその日のうちにすぐ「いいね!」を返してくれて、
すぐマッチングが成立したんです!(≧▽≦)

 

「これは幸先良いぞ!」と喜び、すぐにメールを送ったんですが、
相手(彼女)から一向にメールが返って来ませんでした(ノД`)・゜・。

 

Pairsで過去の記録を見返してみると、
僕がメールを送ったのは8/6(月)。

 

全然返信がないので、
「脈無しか」と諦めて他の女性とメールしたり、デートしていたところ、
8/14(水)になって急に返信が来ました(*'▽')

 

付き合ってからこの時のことを彼女に確認したところ、
「恋活アプリで男性と連絡を取ったことがなかったので、
メール返すのを躊躇していた」
そうです。

 

ホントかどうか知りませんが、
僕にメールを送ったのが初めてだった模様。
(結局、最後まで僕以外の男性とメールしなかったとのこと)。

 

メール開始から3日後にはデートの約束!→デート後に告白される

 

さて、話を戻すと、この日はちょうどお盆休みで、
僕も相手(彼女)も暇していたので、20分間隔でずっとメール交換していました。

 

8/16(金)にはLINEのIDも交換して、毎日チャットです。

 

もう電話した方が良いんじゃないか?、というくらいチャットをしていたので、
「電話してみない?」と提案してみたんですが、
「会ったこともない人と電話しても間が持たない」と言われて断られました。

 

仕方ないので、延々とチャットを続ける毎日です。

 

(途中、相手(彼女)が僕の大学の後輩ということも判明して、
テンションが上がりました)。

 

8/17(土)の夜にはデートに誘い、
翌週末の8/25(日)に宮崎駿アニメの
「風立ちぬ」を観に行く約束をしました。

 

当日は、映画を見た後は、食事をして
終始良いムードのまま夕方くらいに帰ってきました。

 

で、その日の夜に初めて相手(彼女)とLINEで電話したんですが、
なんとその際に相手(彼女)から「付き合いたい」と告白されたのです。

 

それが僕たちが付き合い始めた8/25(日)の夜のことでした。

 

僕のどこが良かったのか彼女に聞いてみました

 

ここまで読んできた皆さんにとっては、
「なんでコイツいきなり告白されてんの?」
と意味がわからないと思います。

 

僕もいきなり告白されて意味が分かりませんでした(笑)。

 

なので、相手(彼女)が、連絡を取り始めるときから告白までの
節目節目の場面で何を考えていたのか、
僕のどこが良かったのか質問してみました。

 

若い女性は男を選び放題!プロフィールが差別化要因の一つ

 

まず、彼女の話を聞いて分かったのは、
20代の女性会員は1日に10人以上の男性から
「いいね!」を送られているということです。

 

若いし、可愛いので、男は選び放題だったようです。

 

 

で、その激しい競争の中、なぜ僕とメールしようと思ったのか?と聞いてみると、

 

大学が同じだった(注:僕はプロフィールに大学名を書いていました)」のと、
プロフィール・自己紹介文に共感したから」とのこと。

 

やっぱり、他の男性と差別化するのには、
自己紹介文を工夫するのが有効だな、と思った瞬間ですね。

 

彼女が僕を好きになってくれた過程

 

次に、どういう経緯で僕を好きになってくれたのかも聞いて行きました。

 

聞くまで分からなかったのですが、
メールの段階で「マメで優しい」と気に入ってくれていたようで、
デートの前から結構好印象だったらしいです。

 

で、デート当日も待ち合わせ場所を彼女の最寄り駅の改札にしたり、
お昼前に映画を見るのでお腹空かしてるかな?とポップコーン買ってあげたりと
色々気配りしてあげたのが彼女の中で評価を上げたようです。

 

あと、ごはん食べてる時に、
僕がチラッと「他の女性とも連絡取ってるし、デートもしてる」
と話したのも恋のスパイスになったようで、
「自分以外の女性と会ってるのが悔しいし、焦った」とのこと。

 

なので、その初デートの夜に、告白してきてくれた、というのが真相だったようです(^-^)

 

【おまけ】付き合って1年経ったので、お祝いしてきました

 

先日の8月25日で付き合って1年経ちましたので、
1周年記念日として横浜のレストランでフレンチを食べてきました。

 


左が管理人です。

 

現状としては、無事、交際2年目に入り、結婚も視野に入れています。
先日、結婚の挨拶ではないのですが、彼女の実家にもお邪魔してきました^^

 

 

次のページを読む

僕がPairsで連絡を取った女性の人数(参考)

 

Pairs体験談(公式ページより引用)

 

 

Pairs(ペアーズ)の評判・口コミをチェックする

Pairs(ペアーズ)の評判・口コミ

 

 

Facebookの婚活アプリ「Pairs」に入会したい方はこちら

Pairs(ペアーズ)に入会する

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加